ダイレクト クラウン

こんな人にお勧めです。詳しくはこちら

「白い歯にしたいけれど、自費診療のジルコニアやセラミックポーセレン等は高くて、ちょっと・・・・・。」

「保険と自費診療の中間価格のものがあれば、奥歯を金属(銀歯)ではなく歯と同じに白くしたい!」

 

ハイブリッドセラミックス(素材)

高い強度と審美性を実現します。

保険診療では、奥歯(小臼歯・大臼歯)の被せ物は銀歯です。

「口を開いたときに見える銀歯を、お手頃価格で白い歯にしたい。」という方に最適です

ダイレクトクラウン(ハイブリッドセラミックス クラウン)は、ジルコニアやセラミックポーセレン治療費の2分の1から3分の1と、遙かにお手頃な価格で治療出来ます

 

ダイレクトクラウン小臼歯 外側
ダイレクトクラウン小臼歯 外側
咬み合わせ面
咬み合わせ面

内側
内側
咬み合わせ面
咬み合わせ面

ダイレクトクラウン
ダイレクトクラウン


院長・スタッフにお気軽にご相談下さい。

通常、自費での白い歯は、材質の違いで治療費は5〜12万円程度かかります。

ダイレクトクラウンはそれより安く、3万円で奥歯に白い歯を入れることが出来ます。

歯がある程度残っていれば適用可能ですが、他の治療と同じで、虫歯の深さや大きさ、咬み合わせ状態によっては出来ない場合もあります。

 

★ ご興味のある方は是非ご相談下さい ★

 


ナノクラスターとナノフィラーで構成されています
ナノクラスターとナノフィラーで構成されています

ハイブリッドセラミックスとは、ナノフィラーと呼ばれる超微粒子セラミックスをレジン(プラスチック)の中に高密度に混ぜたもので、セラミックスとプラスチックの特性を合わせ持つ新素材です。

フィラーサイズが4~20nmと超微粒子のため、摩耗により 削り取られるサイズもナノメーターサイズに留まります
フィラーサイズが4~20nmと超微粒子のため、摩耗により 削り取られるサイズもナノメーターサイズに留まります

ダイレクトクラウンは、2種類のナノフィラー(超微粒子セラミックス)を採用することで、表面が摩耗しても凹凸が出来にくく、表面性状が維持されるため、滑沢性(つややかさ、滑らかさ)が持続し、光沢が長持ちし、ステイン(着色よごれ)やプラーク(歯垢)がつきにくくなります。また、ナノフィラーをクラスター化(集合させる)することで、高い強度と低摩耗性を実現しています。